2008年10月12日

爪切り

いつも土などを掘ることができれば、爪切りなんてしなくてもいいのでしょうが、ケージで飼っている限りはどんどん伸びてきてしまいます。プレーリードッグを飼い始めたときには、どのくらい爪を切ればいいのかよくわかりませんでした。そこで、うちでの爪切りをご紹介します。

すーすーすー

爪が長いとケガの元になりますので、下記の写真の上くらいに伸びてきたら切るようにしています。爪を切るときは寝ているときに行います。気持ちよさそうに寝ているときは、爪切りのチャンスです(^_^)。

つめ切り

うちでは緑色あたりを切るようにしています。これは、青矢印で示しているところを見るとわかると思いますが、爪の角度が変わっています。一匹飼いなので比べられませんが、ぐりも同じだったのでおそらくみんなそうなんでしょう。この角度が変わっているところから少し先の部分を切っています。緑色の部分を切ると写真の下のようになります。

※爪には血管が通っていますので、長い爪を急に短くしないように気をつけてください。血管を見るには懐中電灯などで、透かしてみるのが一番です。わからない場合は少しずつ(一週間に一度切るくらいで)短くしていくといいと思います。もし血が出てしまった場合は小麦粉が止血剤になるそうです(私は試したことはありません^^;)。

爪切り

爪切りは、ウサギ用のはさみを使っています。ネコ用との違いはよくわかりません(^_^;)。

ぷりはいい子なので爪切りが簡単です(^o^)。ぐりの時は・・・発情期も長くて(5ヶ月くらい)大変でした(^_^;)。それでも、できるときに一本でもいいので、無理をせずに少しずつ切るようにしていました。

posted by =や= at 20:13 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107980769
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。