2008年10月19日

最後の日

当日のライブカメラのショットです。


7時20分に起きたようです。いつもの朝でした。この時点では特に問題はなさそうに見えます。


ここでも問題なさそうです。位置的には上の写真の下半身になります。

0722
いつものお立ち台に立っています。ここに座って外を見ていることも多いです。この時間帯の他の写真を見てもあまり動いていません(ライブカメラは1分毎の写真が保存されています)。


この写真の数分後に、ぷりが「ケホケホ」し始めて、その声で目が覚めました。

実際には吐かなかったのですが、何かを吐きたいようなそぶりをして苦しそうでした。その後、ケージ内を右へ左へうろうろしていつもと様子が違いました。急いで病院へ電話し連れて行くことになりました。

病院に着いたときには、手足が真っ白で貧血状態になっていて体温もかなり低くなっているのがわかりました。また、意識もほとんどありませんでした。すぐに診てもらいましたが、すでに手の打ちようがない状態になっていました。そして、その後10分もしないうちに息を引き取りました。先生からは、「この子は術後の少しの期間を除いては、ほとんど苦しみを知らないまま死ぬことができました。一番良い死に方だったと思います。」と言っていただけました。この言葉でどれだけ救われたかわかりません。

ぷりの死因は、腫瘍周辺の血管等が破れ、内出血したことが原因だろうとの事です。ライブカメラを見る限りでは、どこかにぶつけて暴れた様子もないため、ちょっとしたきっかけで内出血してしまったのかもしれません・・・。なお、吐こうとしていたのは、内出血によりおなかの違和感があったためではないかと先生は言っていました。

ぷりは病院で最後を迎えましたが、それで良かったのかもしれません。病院で診てもらわずに死んでしまったら、「あのとき病院に連れて行けば助かったかもしれない」という後悔が一生つきまとっていたと思います。そのためにも、ぷりは誰もいない昼ではなく家族がいる朝に、身体の変化を教えてくれたのだと思います。

病院までの2時間近い道のりをがんばり、先生の診断を受けてから旅立ちました。本当に最後までいい子でした。

posted by =や= at 09:08 | 東京 ☀ | Comment(12) | TrackBack(0) | 闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頑張って病院行ったのですね。
でも、家族の方と一緒に看取られたのですね。
ぷりちゃん。。
いい子だったものね。
頑張ったものね。
今度もきっと=や=パパのもとへ迷わず戻ってくるんだよ。
お空で修行したらね。待っているからね。
お疲れ様でした。変なコメントでごめんなさい。
悲しくて寂しくて。。。
Posted by rupipi at 2008年10月19日 11:14
私のプレ達は、みな昨日までの様子と打って変わって、最後はほんとに突然でした。ですので余計にになにかしてあげらることがあったのではと私は思ったものです。

ぷりちゃんは、飼い主の愛情の中、手厚い介護生活を十分に受けてやすらかに天命をまっとうできたのではないかと思います。

ぷりちゃんはぐりちゃん達と虹の橋で楽しく遊んでいると思います。心よりご冥福をお祈り申し上げます。



Posted by プレドッグ at 2008年10月19日 12:14
やさんの行動はとても 敏感な動きをしたと思いますよ
けど 飼い主さんの手元で最後を迎えた何て素晴らしいです  私の子供も去年お二人虹の橋になり その時も私の目の前しかも 最後に鳴き声を出して この世をさりました  最後の鳴き声は「ありがとう」って意味の言葉だと私思っております  だから やさん最高の飼い主さんだよ

ぶりも やさんに会えて感謝していると思う 肉体は無いけど魂は やさんの隣に24時間リアルタイムでついておりますよ
Posted by グーストア at 2008年10月19日 13:50
ぷりちゃんは最後にちゃんと=や=さんに自分の状況を伝えられたんですね。
最後まで一緒にいてもらえてぷりちゃんも嬉しかったと思います。
これまで=や=さんがぷりちゃんを見守っていたように、これからはぷりちゃん・ぐりちゃんが=や=さんを見守ってくれるんでしょうね。

Posted by いずみん at 2008年10月19日 17:31
ぷりちゃんの旅立ちの日をしっかり
読ませて頂きました。また涙がこぼれました。
大好きな、=や=さんがいらっしゃる時に
そして先生のお顔を見て、旅立ってったのですね。
ぷりちゃん。最後まで優しくて親孝行の
娘さんだったのですね。
グーストアさんも書いてらっしゃいますけど
最高の飼い主さんとそして、最高の娘さんです!
すばらしい親子です!



Posted by ピンガ at 2008年10月19日 19:33
以前にBBSにお邪魔しました「ばる」と申します。
ぷりちゃんよく頑張りましたね。
=や=さんも最期まで一緒に頑張れて良かったですね。
私なら=や=さんのように出来たかな?と自信がありません。ホントに外から見ていると大切にしているなあと感じずにはいられませんでした。
私も今、看病中の子を抱えていますので見習おうと再決意しました。
Posted by ばる at 2008年10月19日 21:04
ぷりちゃんは=や=さんの見守るなかで旅立つことができたんですね。
とても幸せな一生だったんだとおもいます。
いつか虹の橋のむこうでまた会った時に恥ずかしくないように私たちも幸せに生きていかなきゃ!
あらためて、ぷりちゃんのご冥福をお祈りします。
Posted by 神無月秋乃 at 2008年10月20日 07:53
病院まで長時間の移動を頑張って、お世話になった先生に診て貰って、大好きな=や=さんの元から旅立って行ったぷりちゃん・・・
親孝行の強くて優しい子でしたね。

ぷりちゃん、またいつか戻って来てね。
ずっと待ってるからね!
Posted by スノー at 2008年10月20日 10:18
=や=さん、お疲れ様でした。
ぷりちゃん、本当に親孝行なお嬢様ですね。
今頃は、ぐりちゃんと大草原で元気良く追いかけっこしていることでしょう。
ぷりちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Posted by ポジ at 2008年10月20日 23:45
お久しぶりです。=や=さんの頑張りにはいつも頭が下がる思いでした。
ぷりちゃんは、とても幸せだったと感謝しながら旅立ったんだろうなと実感しました。
寂しくなりましたが、ぷりちゃんやぐりちゃんと、またいつか再会できる日を楽しみに、元気を出して過ごしてくださいね。
毎日笑顔で元気に過ごすことがぷりちゃんたちの今一番の願いだと思います♪
Posted by マロ at 2008年10月21日 16:29
ぷりちゃん、最後まで頑張ったね。
大切なパパに大事にされて、看取られて
ぷりちゃん本当にご苦労様でした。
虹の橋で、幸せにいて欲しい。
心から祈ります。虹の橋で家のあーぼうに会ったら
遊んでやってください。
ぷりちゃん本当に、安らかにいてください。
Posted by naomi at 2008年10月23日 00:05
暫く覗いていなかったのでぷりちゃんが亡くなったのを今知りました。。。

ぷりちゃん、=や=さん、闘病生活お疲れさまでした。
Posted by どいとう at 2008年10月27日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108297160
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。