2008年12月31日

ぷりとの日々

ぷりは2006年9月30日にやってきました。

DSCF2219

ぷりははじめから、まったく物怖じのしない子でした。

 

DSCF2259

はじめから、癒しと笑いをくれた子でした。

 

DSCF3124

何でもよく食べる子でした。

 

DSCF3693

完全なおっさん(おばさん)でした。

 

DSCF4002

食べ過ぎてちょっと太った事もありました。

 

DSCF4577

起きていても、寝ていてもかわいい子でした。

 

DSCF4897

表情のある子でした。

 

DSCF5086

飼い主がよろこぶツボを心得ている子でした。

 

DSCF5618

今年(2008年)の元旦に初日の出を浴びながら、元気に牧草を食べていました。

 

DSCF5762

甘えっ子でした。

 

DSCF5855

動じない子でした。

 

 

 

 

 

2008年2月10日に肝臓癌が見つかりました。

2008年2月17日に手術しました。しかし腫瘍が予想以上に大きく何もできませんでした。

 

 

 

 

 

DSCF5931

小さい身体でがんばりました。

 

DSCF6068

強制給餌もがんばりました。

 

DSCF6177

やっぱり大物でした。

 

DSCF6351

とても愛らしい子でした。

 

DSCF6604

マイペースな子でした。

 

DSCF7106

やっぱり、動じない子でした。

 

DSCF7491

人に触られるのが本当に好きな子でした。

 

DSCF8247

おなかの毛もやっと生え始めていました。

 

DSCF8994

いつでも人を探している子でした。

 

 

 

 

 

2008年10月14日。突然別れがやってきました。

 

 

 

 

内臓からの出血により、急いで病院へ行きましたが診察中に息を引き取りました。

DSCF9063

いつも笑っている子でした。

 

DSCF9134

寝ているようにしか見えません・・・。

 

DSCF9247

最初から最後まで、手のかからないとてもよい子でした。

約2年という短い間でしたが、ぷりからは本当に多くのものをもらいました。

 

ありがとう。ぷり。

posted by =や= at 17:55 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぷりちゃん。ぜ〜んぶかわいいです。
とってもとっても愛おしいですね。
またゼッタイに再会できる日が訪れると
思います。しばしのお別れですね。
Posted by ピンガ at 2009年01月01日 23:43
素敵な思い出、いっぱいですね。
ぷりちゃん、=や=さん、本当にありがとう〜♪
Posted by ポジ at 2009年01月03日 00:33
こんにちは。
何となくここのHPにきました。
あたしの側にも10歳半になる女の子のプレがいます。
何度か危機はあるものの痩せ細りながら今も元気に暮しています。
ぷりちゃんはとっても幸せでしたね。
あたしもこの子にできる限りの愛情を注いで行きたいと思います。
Posted by うーこ at 2011年01月12日 13:49
別れは切ないです…
Posted by 野風の笛 at 2013年10月19日 17:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。