2008年02月11日

体重変化

体重グラフ
ぷりの体重変化です。

うちに来る前は、通常のペレットがおやつと言っていいほどのきちんとした食生活をしていました。うちに来てからはついつい甘やかせてしまって1,000gオーバーになってしまい、2007/06頃からダイエットをしました。ほぼ元の体重に戻った2007/10頃に、健康診断に行きました。このときにオドントーマの初期状態であることがわかりました。

その後、体重をキープしていたのですが、2008/01ころから食生活はほとんど変わらないのに徐々に体重が減って来てしまい、昨日の診断となってしまいました。グラフから推測すると、腫瘍は2008/01頃から急に大きくなり、それが食欲減退の原因になっているのだろうとの診断でした。

もっと早く病院へ行くべきでした・・・。

来たとき   827g
ピーク 1,123g
現在   755g

やせているように見えないでしょ
冬はモコモコしているため、やせているように見えません。でも、触ると骨を感じてしまいます。

Technorati のタグ: ,

banner_02 prairiedog80_15
他のブログはこちらからどうぞ

posted by =や= at 22:57 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
=や=さん。先日のぷりちゃんのオダンの件でも
びっくりしておりましたが、まさか腫瘍まで。
辛すぎる診断結果に、もう言葉が見つかりません。
どうぞお医者様としっかりインフォームドコンセント
されて下さいね。お辛いですが、納得の行く治療を!
最善を尽くされてくださいね!
Posted by ピンガ at 2008年02月12日 17:40
◇ピンガさん
私も先生から腫瘍という話を聞いてびっくりしました。というか固まってしまいました・・・。オドントーマについてもいろいろと聞きたかったのですが、すっかり忘れていました。これからメールで聞いてみたいと思います。
とにかく、納得できるまで先生と話し合いたいと思います。
Posted by =や= at 2008年02月13日 20:03
=や=さんはちゃんとデーター取っててすごいです!

ぷりちゃん、800g切っちゃったんですね。
今で、うちのプーといっしょぐらいです。
なんとかこれ以上体重も体力も落ちないように食い止めなければいけませんね。

試行錯誤しながら大変だと思いますが、最良の方法見つけてください。
Posted by 歩乃香 at 2008年02月14日 00:04
うちのプレーリーも“ふり”でした。
先日、2月13日に天国へ旅立ちました。
名前が同じ事でなんか目にとまり、コメントを書かせてもらいました。
うちのぷりは男の子で7才手前の高齢プレでした。
1月下旬くらいから体調がおかしくて近所の動物病院で点滴をしてもらってたのですが、日に日に悪くなりしまいには下半身麻痺状態になってしまっておしっこを自分の力で出せなくなって先生がお腹を触った瞬間、あまりにも溜まりすぎてたようで膀胱破裂。即、緊急手術しました。体重も600g。うちのも触ると骨ぼねしい体でした。
ネットでプレーリーを診察してもらえる病院を探して県外まで連れて行きました。血液検査などをしてもらって腎臓や肝臓が弱っていたようです。後、膀胱破裂して縫っているところからおしっこが漏れてお腹に溜まっていたので、再び手術をその病院で受けました。
体におしっこがまわっていたので尿毒症にもかかっていたようです。
連れて行った時から危険な状態で再手術も今の体力で乗り越えられるかどうかという状態でしたが、手術は奇跡的に乗り越えそれから一週間ほど頑張ったのですが、永遠の眠りにつきました。
プレーリードッグは他の動物と違って最後まで諦めず頑張って生きようとする動物らしいので病気にあった治療をしてぷりちゃんを元気にしてあげてください。
うちのぷりの分も頑張って欲しくてコメントさせてもらいました。うちのぷりも私の気持ちに答えようと頑張ってくれたからぷりちゃんも気持ちをわかってくれるはずです。
Posted by MEGU at 2008年02月15日 11:41
先ほどの追加ですが、手術を受けるかどうか悩んでいるのであれば、動物としてではなく本当の我が子として考えてみるといいですよ。
うちも手術成功率10%の確立にかけました。
先生にも手術を乗り越えただけでも今の状態から考えるとこの子の生命力はすごうわぁ〜と感心されました。高齢だったことと二度目の手術って事もあり
苦しい思いをしながら何日も過ごす方がぷりにとってしんどう苦痛なことだと思ったから。
一回目は1月28日に受け、二回目は2月5日に受けました。
家族皆が協力してくれて手術を半日で受けるかどうか決めました。一日でも早く少しでも楽にさせてあげたかったから。
後悔しないようにと思い判断しました。
少しでも可能性があるのなら手術を受けてみてもいいのではないかなぁと思います。
納得のいくよう判断することが一番ですけどねv

Posted by MEGU at 2008年02月15日 12:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。