2008年10月22日

エリザベス御殿

カラーをつけているときは、通常のケージではなく衣装ケースをケージの替わりに利用していました。


目が届くときは、なるべくカラーを外すようにしていました。やっぱり落ち着くみたいです。


カラーが付いているとすることができないまん丸状態を見ると切なくなってしまいます。


通常のケージではカラがー引っかかって危険なので、衣装ケースをケージの代わりに利用していました。最終的には、中にペットヒータ(冬だったため)とごはん以外は何も入れませんでした。写真には写っていますがタオルも入れませんでした。初めは何も入っていないのはかわいそうと思い牧草などを入れていましたが、結局カラーに引っかかることで首に負担をかけてしまうことがわかったため取り除きました。


衣装ケースの場合は手入れが大変ですが、うんちやおしっこの量もはっきりとわかるのである意味便利でした。だいたい決まった位置にうんちやおしっこをするので、そこが一番低くなるように反対側の衣装ケースの下にタオルなどをしいて高さの調整をしました。


衣装ケースはホームセンターで、上の網は100円ショップで購入しました。

また、衣装ケースは強制給餌時の一時待避場所にも利用していました。ケージに入れてしまうと次に抱き上げるのが大変ですが、衣装ケースの場合は上からタオルなどを使って抱き上げると簡単に確保できます。嫌がったらすぐに衣装ケースに入れて、落ち着いたらまた抱き上げて強制給餌といった作業を繰り返し行いました。

posted by =や= at 00:54 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

エリザベスカラー

コメントが放置状態で大変申し訳ありません。みなさんのあたたかいメッセージは、なんどもなんども読み返しています。本当にありがとうございます。

今は書きためていた記事を見直してアップしていきたいと思っています。

DSCF5928
手術直後の様子です。カラーを外そうとして暴れ、疲れ切ったところです。

DSCF6177
自分で掻くことができない死角の部分(口のまわりや頭)は特に意識して触ってあげました。掻いてあげるととても気持ちよさそうにしていました。

DSCF6023
食事は強制給餌(このときはほとんどできなかったため、体重が激減してしまいました)と、野菜類です。口に運んであげると時々は自分から食べてくれました。かわいそうなんですが、手を使わずに食べている姿がうさちゃんみたいでかわいかったです。

エリザベスカラーの締め具合は、人差し指が入るくらいとのことです。かなりきつめの印象があります。少なくともエラの部分から抜けないようにしっかりと、でも苦しくないようにしめる必要があります。

初めはカラーに油性マジックで印をつけ、布テープで毎回止めていました。しかし、布テープを使うと毛がくっついてしまったり、毎回正しい位置につけられなかったりと非常に大変でした。先生からスナップボタンを使っている人がいるとの情報を得られたので、それを試してみました。購入したのはこれです。カナヅチがあれば簡単に取り付けられます。

 スナップボタン(打具付)
 http://item.rakuten.co.jp/kinkado/snap-utigu10/

私は通販で購入しましたが、手芸店などに置いていると思われます。近くのホームセンターでは見つけられませんでした。

DSCF9272
一度、位置決めができると取り付けがとても簡単になります。お互いの負担が減るので、この方法はおすすめです。できれば、もう少し小さなスナップボタンがあれば、その方がいいと思います。

DSCF6001
カラーがこすれて毛が抜けてしまっています。かわいそう・・・。

DSCF9274
元のカラーは、薄いカラーのプラスチックから首を傷つけないようにするために、首に当たる部分にゴムでできたカバーみたいな物が付いています。それがこすれて毛が抜けてしまっています。そこで、滑りを良くするためにバンドエイドに切り込みを入れて貼り付けてみました。ある程度滑りも良くなって多少は負担が減ったと思います。今思うと、クラフトテープの方が滑りが良くて良かったかもしれません。

軟質プラスチックみたいな素材にして丸みを持たせれば、このようなことにはならないと思うのですが・・・。

posted by =や= at 18:26 | 東京 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | 闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

最後の日

当日のライブカメラのショットです。


7時20分に起きたようです。いつもの朝でした。この時点では特に問題はなさそうに見えます。


ここでも問題なさそうです。位置的には上の写真の下半身になります。

0722
いつものお立ち台に立っています。ここに座って外を見ていることも多いです。この時間帯の他の写真を見てもあまり動いていません(ライブカメラは1分毎の写真が保存されています)。


この写真の数分後に、ぷりが「ケホケホ」し始めて、その声で目が覚めました。

実際には吐かなかったのですが、何かを吐きたいようなそぶりをして苦しそうでした。その後、ケージ内を右へ左へうろうろしていつもと様子が違いました。急いで病院へ電話し連れて行くことになりました。

病院に着いたときには、手足が真っ白で貧血状態になっていて体温もかなり低くなっているのがわかりました。また、意識もほとんどありませんでした。すぐに診てもらいましたが、すでに手の打ちようがない状態になっていました。そして、その後10分もしないうちに息を引き取りました。先生からは、「この子は術後の少しの期間を除いては、ほとんど苦しみを知らないまま死ぬことができました。一番良い死に方だったと思います。」と言っていただけました。この言葉でどれだけ救われたかわかりません。

ぷりの死因は、腫瘍周辺の血管等が破れ、内出血したことが原因だろうとの事です。ライブカメラを見る限りでは、どこかにぶつけて暴れた様子もないため、ちょっとしたきっかけで内出血してしまったのかもしれません・・・。なお、吐こうとしていたのは、内出血によりおなかの違和感があったためではないかと先生は言っていました。

ぷりは病院で最後を迎えましたが、それで良かったのかもしれません。病院で診てもらわずに死んでしまったら、「あのとき病院に連れて行けば助かったかもしれない」という後悔が一生つきまとっていたと思います。そのためにも、ぷりは誰もいない昼ではなく家族がいる朝に、身体の変化を教えてくれたのだと思います。

病院までの2時間近い道のりをがんばり、先生の診断を受けてから旅立ちました。本当に最後までいい子でした。

posted by =や= at 09:08 | 東京 ☀ | Comment(12) | TrackBack(0) | 闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

最後の写真

病院へ向かう途中の写真です。これが生前最後の写真になってしまいました。このときには、まさか帰らないことになるなんて夢にも思っていませんでした。

お気遣いありがとうございます

たくさんのお花ありがとうございました。写っていないお花は、ぷりに持って行ってもらいました。

※大変申し訳ありませんが、お名前は伏せさせていただきました

posted by =や= at 11:27 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

帰ってきました

たくさんのコメントありがとうございました。

posted by =や= at 22:31 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今ぐりの所に向かっています…

20081016210339.jpg
posted by =や= at 21:05 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の夜に見送ります

ぷりのためにたくさんのコメント本当にありがとうございます。ひとつひとつしっかりと読ませていただいています。ネットを通じて、こんなにも愛されていたんだと改めて感じました。お返事は少しずつしたいと思います。

今日の夜に、移動火葬車に来てもらいます。それまでは、もう少しだけぷりと一緒にいたいと思います。

それにしても、体重も増えてきてこれからと思っていたのに・・・いまだに信じられません。

posted by =や= at 01:25 | 東京 ☔ | Comment(14) | TrackBack(0) | 闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

応援ありがとうございました

ぷりは、本日ぐりの所へ遊びに行きました。今までたくさんの応援コメントをありがとうございました。

posted by =や= at 13:33 | 東京 🌁 | Comment(31) | TrackBack(0) | 闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

爪切り

いつも土などを掘ることができれば、爪切りなんてしなくてもいいのでしょうが、ケージで飼っている限りはどんどん伸びてきてしまいます。プレーリードッグを飼い始めたときには、どのくらい爪を切ればいいのかよくわかりませんでした。そこで、うちでの爪切りをご紹介します。

すーすーすー

爪が長いとケガの元になりますので、下記の写真の上くらいに伸びてきたら切るようにしています。爪を切るときは寝ているときに行います。気持ちよさそうに寝ているときは、爪切りのチャンスです(^_^)。

つめ切り

うちでは緑色あたりを切るようにしています。これは、青矢印で示しているところを見るとわかると思いますが、爪の角度が変わっています。一匹飼いなので比べられませんが、ぐりも同じだったのでおそらくみんなそうなんでしょう。この角度が変わっているところから少し先の部分を切っています。緑色の部分を切ると写真の下のようになります。

※爪には血管が通っていますので、長い爪を急に短くしないように気をつけてください。血管を見るには懐中電灯などで、透かしてみるのが一番です。わからない場合は少しずつ(一週間に一度切るくらいで)短くしていくといいと思います。もし血が出てしまった場合は小麦粉が止血剤になるそうです(私は試したことはありません^^;)。

爪切り

爪切りは、ウサギ用のはさみを使っています。ネコ用との違いはよくわかりません(^_^;)。

ぷりはいい子なので爪切りが簡単です(^o^)。ぐりの時は・・・発情期も長くて(5ヶ月くらい)大変でした(^_^;)。それでも、できるときに一本でもいいので、無理をせずに少しずつ切るようにしていました。

posted by =や= at 20:13 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

クリティカルケア FINE GRIND

Critial Care FINE GRIND

成分表

病院で入手しました。クリティカルケアの新製品です。今までのクリティカルケアに比べ、粒子が非常に細かくなっています。チューブを使って鼻から給餌するために細かくなっているようです。見せていいただいた説明書には、モルちゃんのチューブによる鼻への給餌の写真が載っていました。

内容については、クリティカルケア特有のハーブっぽい強いにおいはありませんでした。M.Sライフケアとほぼ同じ感じです。本日使用する流動食はM.Sライフケアで作ってしまったので、内容については次回紹介したいと思います。

ただし、ひとつだけ大きな問題があります。なんと、一袋100gが3,570円します。た、高すぎます。M.Sライフケアなら100gで1,600円です(それでも高いのに^^;)。通販などで安く購入できるといいのですが・・・。

その前にぷりが気に入るかどうかです。気にいらないで欲しいです(^_^;)。

 すやすや

posted by =や= at 12:40 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。